スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ActionScript 3.0]回転表示

2007-08-04 | 15:26

package
{
    import flash.display.Sprite;
    import flash.events.Event;
    
    [SWF(width="200", height="200", backgroundColor="#ffffff")]
    public class RotateSample extends Sprite {
        private var arrow:Arrow;
        private var rad:int;
       
        public function RotateSample()    {
            arrow = new Arrow();
            addChild(arrow);
            arrow.x = 100;
            arrow.y = 100;

            addEventListener(Event.ENTER_FRAME, onEnterFrame);
        }

        public function onEnterFrame(event:Event):void {
            arrow.rotation = rad++;
        }
    }
}
package {
    import flash.display.Sprite;
   
    public class Arrow extends Sprite {
        public function Arrow() {
            graphics.lineStyle(1, 0, 1);
            graphics.beginFill(0xff0000);
            graphics.moveTo(-30, -15);
            graphics.lineTo(0, -15);
            graphics.lineTo(0, -30);
            graphics.lineTo(30, 0);
            graphics.lineTo(0, 30);
            graphics.lineTo(0, 15);
            graphics.lineTo(-30, 15);
            graphics.lineTo(-30, -15);
            graphics.endFill();
        }
    }
}
描画される側(この例ではArrowクラス)では一度だけ描画処理を記述しておけばよい。
描画するほうは描画対象オブジェクトのrotationプロパティを設定すれば回転される。
rotationは度(0-360)で指定する。(ラジアンではない)
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。